eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2013.04.16

ブライアンズタイム死去

去る4月4日、日本中央競馬会を席巻した、偉大な種牡馬ブライアンズタイムが亡くなりました。
健康に問題はなく、死因は放牧中の事故による安楽死だったため、
その死は非常に悔やまれます。


同馬はアメリカで生まれ、フロリダダービーを制するなど21戦5勝を上げ現役を引退し、
種牡馬として日本に移りました。

 

リアルシャダイを父に持つことから、日本でも人気を集め、産駒たちもその期待に答える活躍をしました。
代表産駒はなんといっても圧倒的な強さでクラシック3冠を制したナリタブライアン。
さらにそのナリタブライアンに勝るとも劣らない強さを誇ったマヤノトップガンなどが有名です。
そのほか日本ダービーを逃げ切り勝ちを果たしたサニーブライアンや、
史上初の父子日本ダービー制覇を果たした女傑ウオッカの父、タニノギムレットなど
日本中央競馬会を代表する産駒を排出し続けました。

 

高齢になりながらも今年10頭の種付けを行うなど、生涯現役を貫き通しました。
ブライアンズタイムは亡くなりましたが、
これからも産駒たちは活躍を見せてくれることでしょう。
産駒たちが偉大な父に超える競走馬として、さらに種牡馬として活躍をしてほしいものです。

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。