eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2013.02.03

たまにはゆっくり読書でも

ビンディングが待ち遠しいです。

やまむらです。

 

今週末は、自転車でちょっと遠出してみようかと考えていたのですが、

子供とお留守番することになったので、お昼寝タイムの間に、積ん読本の解消を進めてみました。

 

今回読み進めたのは、「SQLアンチパターン」です。

普段から業務でRDBMSを使うことが多いので、自分自身の考え方などを

見つめ直すのにも役立つと思い購入してみました。

 

この書籍では、以下のようなアンチパターンを紹介しています。

 

ジェイウォーク(信号無視)
ナイーブツリー(素朴な木)
IDリクワイアド(とりあえずID)
キーレスエントリ(外部キー嫌い)
EAV(エンティティ・アトリビュート・バリュー)
ポリモーフィック関連
マルチカラムアトリビュート(複数列属性)
メタデータトリブル(メタデータ大増殖)
ラウンディングエラー(丸め誤差)
サーティワンフレーバー(31のフレーバー)
ファントムファイル(幻のファイル)
インデックスショットガン(闇雲インデックス)
フィア・オブ・ジ・アンノウン(恐怖のunknown)
アンビギュアスグループ(曖昧なグループ)
ランダムセレクション
プアマンズ・サーチエンジン(貧者のサーチエンジン)
スパゲッティクエリ
インプリシットカラム(暗黙の列)
リーダブルパスワード(読み取り可能パスワード)
SQLインジェクション
シュードキー・ニートフリーク(疑似キー潔癖症)
シー・ノー・エビル(臭いものに蓋)
ディプロマティック・イミュニティ(外交特権)
マジックビーンズ(魔法の豆)
砂の城
 
まだ、すべてを読みきったわけではないですが、目次だけでも
 
ビビッと来るようなものが一つでもあれば、ぜひ読んでみることを

 

おすすめしたい1冊です。

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。