eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2012.05.29

Wordpressプラグイン2

今回は、最近初期で入れているWordpressプラグインを
自分のメモも兼ねて纏めたいと思います。

■カスタムフィールドを使いやすくするプラグイン
Advanced Custom Fields
MTのように管理画面から項目の追加ができ、カテゴリによって表示するカスタムフィールドの制御が簡単に行えます。
今まで入れたカスタムフィールド用のプラグインの中で一番使いやすいです。

■ビジュアルエディタをカスタマイズするプラグイン
tinymce-advanced
エディタに使う機能を管理画面から設定でき、テーブルなんかも入れれるようになります。

■ユーザー権限を変更するプラグイン
user-role-editor
ロール(ユーザ)によって機能を絞り込んだり許可したりする事が可能です。

■データベースのバックアップや最適化を自動でしてくれるプラグイン
wp-dbmanager 日本語化
もしもの時にデータベースが消えても定期的にバックアップしてくれるので、復旧が容易になります。
管理画面からSQLが実行出来てしまうので、お客様が触られる場合には、項目を消しておかないと危ないかもしれません。

■カテゴリの順番を並び替えるプラグイン
my-category-order

■カテゴリURLから「category」ディレクトリを消すプラグイン
no-category-base-wpml

■キャッシュして高速化するプラグイン
W3 Total Cach
以前は、「WP Super Cache」を使用しておりましたが、こちらの方が多機能な為、乗り換えて使用しております。
Page Cacheに加え、DB Cache、Object Cache、Browser Cache、HTML・CSS・JSの最適化を纏めて出来ます。
複数のプラグインを導入するより、一括して設定出来ます。


前回書いたWordPressプラグイン

前回、ページネートや管理画面の設定にプラグインをご紹介致しましたが、
最近では、プラグインを使わず、functionを使いようになりました。

カスタムフィールド用のプラグインも前回紹介した「Custom Field GUI Utility」から
「Advanced Custom Fields」に乗り換えております。

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。