eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2012.04.16

テキストの属性コピー

本日は自分への戒めも含めて、ちょっとしたFireworksに関する
技術的な事を書いてみます。・・・技術と言えるかどうか。


印刷物からウェブへのデザインを流用する際、
Illustratorデータをコピーして、Fireworksで作業するケースが多々あるのですが、
その際、いつも手間を取らせられるのがコピーをする作業です。

記憶の中では、数年前にテキストをコピーする際、
テキストの属性はコピーされず、Fireworksで使用している属性に
自動的に変換されていたと思ったのですが、
それが出来なくなっている事に去年辺から感じていました。。。

調べてみますと、Illustrator CS2以降は、ネイティブファイル(コピー元ファイル)の属性を
保持するようになっているというのです。

郷には従おうと思いますが、それでは使用したい属性にする為には
一体どうすればいいのか?


・・・属性のコピーができるのをすっかり忘れていました!

20120416.jpg

 

上記ですと、上の青い文字の属性を、2行目のテキストにも同じくしたい場合、
まずは、青い文字をコピーして、2行目のテキストを選択した状態で、『属性をペースト』。
これをショートカットですると、

Macの場合、『opution』+『shift』+『command』+『V』、
windowsは、『Ctrl』+『Alt』+『Shift』+『V』でできます。

これなら属性の確認や記録など、無駄な作業が軽減されること間違い無し!

便利なショートカットを使いこなして、効率のいい作業を!
といつも思いますが、知らない事がまだまだ多いので、
ショートカットに限らず、新しい知識を頭に入れるっていうのは手間と感じてしまいがちです。
効率よく作業するというのは、もちろんこのようなショートカットを
使いこなすということもありますが、作業に対して興味を持ち
探究心を持つという事も大事だと思います。

それを踏まえてこそ、自分なりの効率化が一体どのようなものであるかを
自ら認識でき、調べたり勉強したりして実践できると思います。

自分自身の更なる技術力アップの為にも、今後も色々ご紹介できればと思います。

 

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。