eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2011.06.08

次世代ゲーム機戦争の始まり

宮本です。
久しぶりに競馬以外の話題でも書こうかと思います。

6月7日からアメリカでは世界最大のゲーム見本市「E3」が開催されています。
今年の目玉はなんといっても任天堂とソニーがそれぞれ発売する新型ゲーム機です。
E3ではその詳細が明かされるということで、非常に注目が集まりました。

任天堂は、かねてからProject Cafeと呼ばれていたWiiの後継機種の詳細を発表しました。
正式名称は「Wii U」、その特徴はコントローラーにカメラと液晶画面があるという点です。
テレビが無くてもコントローラーだけでゲームをすることができ、さらにモニターがあることで今までとは違った遊び方が提供できるそうです。
Wiiと同様、コントローラーに焦点を絞った内容でした。
またWiiの弱点とされてきたグラフィックの性能も大幅に向上し、フルハイビジョンにも対応します。価格は発表されませんでしたが、発売記事は来年4月?12月になる予定です。

一方、ソニーもPSPの後継機種「NGP」の詳細を発表しました。
正式名称は事前にリークされていた通り「PS Vita」でした。
今年末に発売予定ということで、多くのソフトラインナップも公開されましたが、それ以上にインパクトが強かったのが、本体価格が24,980円ということでした。
先行するニンテンドー3DSを意識した価格であることは間違いなく、本体については3年以内の黒字化を目指すということで、本当に一か八かの価格で勝負に出るようです。

そんな訳で今年はWiiとPS3が激突した2006年以来のゲーム機戦争が勃発することになりそうです。しかし、最近はスマートフォンやソーシャルゲームも台頭してきており、様々な業界を巻き込んでの熾烈な競争が繰り広げられています。任天堂やソニー、そしてマイクロソフトといった従来の大手ゲームメーカーが勝つとは限りません。

果たして最後に笑うのは誰でしょうか?

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。