eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2011.05.30

物欲と基準

どうも阿部です。

先週末は社内的なおもしろネタとして、強引にもゴーストライターを利用し記事を書いてみましたが。
心が痛み今回は本人が書いてます。

さて、最近物欲がなくなってきていることに少々不安を感じてきております。

物欲は、雑誌・テレビ・新聞・ネットなど各種メディアと、周り取り巻く人から何から刺激を受けているという証拠とも考えていたので、物欲が薄くなってきているということはそれらとの接点が弱くなってきているのではないかと・・・

でも全く接点がゼロではないのになぜ刺激されないのか。を自身で解析して和んでみます。

1.自分に使うより子供の玩具を買うのが面白い。
2.新たに物を買うより、壊れたものを修理することが面白い。
3.すでに同じものが有るか無いかを考えるようになった。

ぐらいでいいでしょうか。

それぞれに理由として

1.これを買ったら甘やかすことにならないかとか、どれだけ喜ぶだろうかとか、飽きられる時間を考え
2.買うこととより修理して動くエクスペリエンスが気持ちいいと感じ
3.ゼロが1になるなら購入するけれども。1が10になる程度であれば、大きな違いと認識しなくなった。

まとめると

「買った後に自分と環境がどのように変わるかを考えるようになった」

というとで、自分が成長したってことでしょうか。

そういえば、iPadの購入判断は早かった。
・雑に扱っても壊れないパソコン。
・ボタンを押せばすぐ起動する端末
・子供にむしり取られないキーボード
・持ち運びできる
の理由から予約までした。けれどスペックのいいiPad2、Androidのなんとかpadを見ても事足りていると感じていることがそうなんじゃないかと・・・

Appleすごいわ。イイトコついてる

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。