eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2013.06.26

話の主語が大事

仕事も私生活も、話の主語が大事です。
(ここでは文法的な主語というよりは、何のことかという命題を意味します。)
それを省くと、うまく内容を伝えられなかったり、優先度が低い話になったりすることがあります。
話し手が自分の頭の中でイメージできていることでも、
聞き手にとっては、いったい何の話なのか わからないまま話を進めてしまうことになりかねません。

ウェブサイトの構築の場合は、主語たるコンテンツの名前も大事です。
これを省くと、どこのページのことなのかが不明になりやすく、
事前に話していたはずの内容で合っているのか否か、探り合いになってしまいます。
また、同じような名前でも自分流の言い方に直して伝えてしまうと、
話の流れによっては、それは別コンテンツなのかという疑問を生むこともあるでしょう。

仕事に限ったことではなく、もちろん私生活でも気をつけるとよいです。
家族が相手ですと、あまり丁寧に話さなくても通じることがあり、
ある程度は聞き手の想像力によって理解してもらえることもありますが、
まずは、話し手の自分から ほんの一言、明確な主語を添えるだけで、内容が正しく伝わるかと思います。

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。