eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2013.08.02

動画の変換

Windows 8.1の流れで、IE 11が出ていますね。
知らないうちに11になっていたという人もいるかもしれません。

ウェブサイトに動画を掲載するにあたって、拡張子とコーデックというものが大事です。
再生できるはずの拡張子でも、動画の仕組みとも言えるコーデックに合った
PC環境(ブラウザ、プレイヤー、その他ソフトウェア)でなければ正しく再生されません。

その垣根を取り除き普及しつつあるのが、HTML5対応のブラウザです。
PCのみであればFLV形式の動画が多いですが、
これからは、PC・スマートフォン・タブレットで幅広く再生できるためには
MP4という形式が主流になりつつあります。

Windowsの方向けですが、私が知っている最強の動画変換フリーソフトです。
軽く、速く、シンプルでいて多機能な万能型です。
http://www.freemake.com/jp/free_video_converter/

Macの方はというと、iTunesが軽快に動きます。
こんなことができるのかー!と、
iTunesで知られざる機能は、まだまだたくさんあるようです。

一方、HTML5対応のブラウザであっても
現在はまだ、FirefoxとOpreaではMP4の再生ができない現実があります。
videoタグによってマークアップが統一されても、コーデックが対応していないという問題です。
※スマートフォンのFirefox OSは、MP4(H.264)の再生に対応するという噂です。

もっとも手っ取り早いのは、動画をYouTubeにアップロードすることです。
端末を選ぶことなく、動画を自動的に最適な状態にしてくれます。

そもそも公開することが前提ですが、ずっと垂れ流しというのがお気に召さない場合は、
アップロードした動画をYouTube上で検索させないようにする設定も可能です。
その設定のまま、あなたのサイトに動画を掲載することができるので、とても便利です。

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。