eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2013.11.07

WordPress カスタム投稿タイプの使い道

こんばんは、ひらまつです。
たまには少し技術的な話をしてみようと思います。

 

「最新のお知らせを掲載するコンテンツがほしい」

「お知らせは頻繁に掲載したいので自分で更新できるようにしてほしい」

「ブログを使いたい」

こういった要件で導入する事が多いWordPressですが
ここのところ、WordPressで通常のブログ(記事投稿)以外のコンテンツを作る際に
カスタム投稿タイプ」を使っています。

 

この「カスタム投稿タイプ」を使った構築の利点としては

・ひとつのデータベースに投稿内容が入っているので、表示したい情報を探す+ひっぱってくる処理が早い

・ひとつのデータベースに投稿内容が入っているので、マルチサイトで他のブログの記事をひっぱってくる時のように switch_to_blog & ループのリセットをしなくてもいい 

シンプルにget_posts(“post_type=topics”); みたいに呼び出せる

・1つのブログで処理してる=function.phpが一つですむ=複数ブログの設定を反映するのが楽

といったことが挙げられます。

 

あと実際にWordPressを使って投稿する方にとっては
マルチサイトの時よりも管理画面がシンプルでわかりやすいのもメリットかと思います。

 

以前、私は複数の投稿コンテンツを作る時にマルチサイト機能を使ったため、
まだカスタム投稿タイプに慣れないところもあるのですが…。

マルチサイト機能の時に使えるプラグインと、
カスタム投稿タイプにした時に使えるプラグインには違いがあるので注意が必要です。

 

ちなみに私がカスタム投稿タイプを使う時に参考にしたのはこの辺りのページです。

 

■カスタム投稿タイプの概念を掴むなら…

WordPress のカスタムフィールド・投稿タイプ・タクソノミーを使い分けよう! – ja.naoko.cc

http://ja.naoko.cc/2011/12/07/using-wordpress-custom-fields-post-type-taxonomy/

 

WordPressでブログじゃないWebサイトを作るときのいろいろ(サンプル付き)

http://webdesignrecipes.com/wordpress-corporate-website/

 

[WordPress]3大カスタム要素、カスタム投稿タイプ・タクソノミー・フィールドを使いこなす | バシャログ。

http://c-brains.jp/blog/wsg/13/06/18-182559.php

 

■実際にカスタム投稿タイプの設定をするなら…

WordPressのカスタム投稿タイプを企業サイトに使う場合の(超個人的)決定版 – エクスト スタッフブログ

http://blog.ext.ne.jp/?p=1416

 

WordPressのカスタム投稿(ポスト)タイプを作成するまでの手順リスト – かちびと.net

http://kachibito.net/wordpress/custom-post-type-list.html

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。