eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2013.11.18

「松山みなとマルシェ」に参加しました。

どうも。木下です。

日曜日は高浜観光港にて『松山みなとマルシェ』が開催されました。

また実施した様子は瀬戸内・松山食べ巡りプロジェクトの方で紹介されると思いますので、またそちらもよろしくお願いします。

今回は、イベントスタッフとして運営のお手伝いして、いつもの業務とは全く違う体・頭を使い、なんか新鮮な気持ちにもなり、勉強になったことも多かったので、思ったことをちょっと記載いたします。

 

仕事の内容は、その仕事の狙い(意味)を理解することが重要
前もっての準備が重要なのは言うまでもありませんが、いざ、実行する際に状況が変わることはよく有ります。状況が変わっているにもかかわらず指示されたとおりに作業を進めると、もっと良い方法を見逃したり、やったことが全く効果でなかったりといった結果に陥ります。
仕事の内容・手順も重要ですが、その仕事の狙い(意味)を理解し、そのためだったら多少手順や内容を調整しても良いことを理解し、行動できることはもっと重要かもしれません。

 

責任者だったら、どのように行動するか考えて行動
自分にあてられた仕事以外で、なにか想定外の事態に遭遇することも有ります。その際、スムーズに責任者と連絡をとれて、指示を仰げたら一番良いのですが、責任者は忙しいので、なかなか連絡がつかないときも有ります。
その時も、責任者の役割・仕事の内容を理解し、責任者がどのように行動するか想定できれば、責任者に変わりその自体を収集することも可能になります。
もちろん、これは自分にあたえられた権限のなかでの話ですが。

時々第三者の目で見る
仕事に集中していたり、息抜きで気を抜いたりしている時に、周りのスタッフやお客さまの事を忘れてしまうことが有ります。
そんな時こそ、第三者の目で考えて、自分の行動だったり、仕事の内容を見直すことで、トラブルを未然に回避することが可能になります。

 

もっとも肝心なのはチームのゴール(目的)を理解すること
仕事が終わったり、手が空いてしまった時に、ゴールを理解していれば、おのずと別の仕事が見つかります。
今回では、スタッフとして手が空いたら、お客さんとして楽しんで、イベントを盛り上げる!という別の役割が見つかります。

そうです。私は、お客さんとしてイベントを盛り上げようとしていたわけで、決して遊んでいたわけではないのです!
その点、よろしくお願いします!

 

 

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。