eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2013.11.29

Googleアナリティクスでクリック数を計測したい!

ウェブサイトを運用されている方の大半はGoogleアナリティクスを利用されていると思います。

主にアクセス数を計測するものですが、例えばPDFファイルへのアクセス回数などは中々計測できません。
そんな時にはクリックイベントを導入することで、クリック数を計測することが出来ます。

ところで、アナリティクスのトラッキングコードは何種類かあって、最新のコードはユニバーサルアナリティクスといいます。
なんか知らないけどカッコイイですね。

 挿入しているトラッキングタグがこんなやつだったらユニバーサルアナリティクスです。

 

 ちょっと前に挿入した人は、タグこんな感じだと思います。
これは非同期トラッキングタグといって比較的最近のものですが、Googleはユニバーサルアナリティクスへの切り替えを進めています。

そんなわけでクリックイベントの取り方ですが、実はユニバーサルアナリティクスと非同期トラッキングとでは書き方が異なります。
特に非同期トラッキングからユニバーサルアナリティクスへ切り替えようとしている方は注意して下さい。

ユニバーサルアナリティクスの場合

非同期トラッキングの場合

 ユニバーサルアナリティクスと非同期トラッキングでそれぞれ上記のような書き方をします。

「カテゴリ名」は、例えば「リンク集」とか「広告バナー」などのイベントの種類を書きます。
「アクション名」は計測する動作名を書きます。今回はOnclickイベントなので「クリック数」と書きます。
「イベント名」はリンク先の名前など個々の名称を記入します。
イベントが上手く動作すると、アナリティクスの「行動」→「イベント」→「サマリー」でイベント数を確認できます。

クリックイベントを計測し続けると、例えばよくクリックされるバナーのデザインとかが理解できます。
計測し続けてニヤニヤしながら色々と分析していきましょう。

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。