eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2015.02.16

ハムスターのたっくん

私がまだ10歳行ってないかくらいの頃、ゴールデンハムスターを飼ってました。
彼の名前は「たっくん」。

私の2つ下の弟はたっくんがお気に入りで、とても可愛がっていました。
ハムスターは回し車をクルクル回したり、
ほお袋いっぱいにご飯を詰め込む姿が可愛らしいのですが、
食事中の動物に手を出すと危険です。
ある日、弟は食事中のたっくんに手を出して指を噛まれてしまいました。

そして時は過ぎ、現在。
最近、下の子(男1歳半)の成長がめまぐるしく、
スプーンを使ってご飯を口とかコップとかテーブルとか床とかに運んだり、
「あった」「おった」「ブーブ」「アッパ(アンパンマンの略)」等の
最小限の字数と指差しで効率的に親や祖父母に指示を出したりするようになりました。
さらに社会原則への知識探求も活発になってきており、
「美味しい食べ物を持っていると(5歳の姉に)取られる」という弱肉強食の原則から
好物を死守するため、口の中いっぱいにおやつを詰め込む習性を身につけ始めました。
そう。まるでハムスター。
そのあと飲みきれずに廊下に落としてたりする所はまだまだ未熟です。

私は、昨年末にY村氏よりお借りした自転車トレーニング器具の
3本ローラー」で冬のトレーニングをしています。
冬場は朝練の時間帯も外が真っ暗で風も冷たく、手足の指先が痛いのですが、
「その場」でできるローラーは非常に重宝します。
さらに短い時間で効率的にトレーニングできるという点も良く、
暖かくなるまでは、深夜のカーポートでローラーを回すトレーニングを続ける事になると思います。
深夜にグルグルやってるあたりが・・・ハムスターっぽいなと。

 

で、親子揃ってハムスターっぽいなぁ・・・と思っていたら、ふとたっくんの事を思い出したのです。

何回見ても笑えるハムスターの動画

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。