eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2015.04.10

『SHIROBAKO』と制作進行

 

この頃、『山ねずみロッキーチャック』の歌が頭の中で鳴り響いています。

 

先日、TV放送で最終回を迎えたアニメがあり、2クール観終わりました。
タイトルは、『SHIROBAKO』(しろばこ)です。

アニメーション制作会社を舞台にした、脚本書き下ろしのアニメです。
TVのニュース番組でも取り上げられたことがありました。

 

主人公は、アニメ制作に夢を持ち武蔵野アニメーションという会社に勤めます。
高校時代の同級生もアニメに対するそれぞれの夢を持ち社会へ。
それぞれが最終的に何をすべきか、着地点を探しはじめます。

 

我々のウェブ業界にも通じる内容がとてもあり、
武蔵野アニメーションを舞台に、それぞれの 役割 が描かれます。

・主人公は、制作進行。ウェブ業界でいう、ディレクター的な役回りです。
 どの放送回を受け持つか、制作進行たちで分担します。
・制作進行たちと監督、1本のアニメを まとめる デスク。
・会社全体の道を示す社長、総務。
・この作品内では、外交がメインのラインプロデューサー。
・技術職は、演出家、作画・作画監督、アニメーター(2D・3D)、検査、撮影。

アニメ業界もウェブ業界も、動くのは人であることは同じです。
それぞれに個性はありますが、お互い勘違いや誤解を抱えたまま進むと仕事が回らなくなります。
「万策尽きたーっ!」ってならないよう、作品中きっと参考になるシーンに出会えます。

 

TV放送は終了しましたがレンタルも出るでしょうから、観られる機会にぜひおすすめです。
特に、第12話 がとても良い回でした。
第2期があるならば、期待しています。

 

 

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。