eyemovic inc.

Culture blog会社の活動・働き方

2015.10.05

【食】いくらの醤油漬け

9月26日・27日に、北海道の石狩で「鮭祭り」が行なわれました。
石狩観光協会:http://www.ishikari-kankou.net/contents/festival/index.html
石狩市:http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/site/sightseeing-guide/1664.html

今年で、ロシア近海での鮭漁が禁止となるためか、去年に比べると鮭の値段が1.5倍位値上がりしていました。
来年から更に値上がりするかも。

北海道の知り合いから計8本クールで送っていただきました。
うちの奥さんが、届いた鮭を捌いて、美味しい「イクラの醤油漬け」を作ってくれました。今回で、3回目となります。

鮭が獲れる地域以外で食べるイクラとは、やはり比べられません。旨味が違います。

作り方は、
1:新鮮な鮭(メス)を仕入れます。
  ※新鮮なら新鮮なほど良し。
2:イクラ網(バーベーキュー網で代用可能)で、イクラの粒(筋子)を取り出します。
  ※結構力仕事です。意外とイクラは潰れません。
3:40度くらいのお湯(塩分:1%程度)で、取り出したイクラをよく洗います。
  ※この時に、イクラを包んでいた膜や、血合いを徹底的に取り除きます。
   この作業を疎かにすると、生臭みが出ます。
4:洗い終わったら、水で軽く洗い、すぐ塩水(塩分:1%程度)に漬け、さらに残っている膜や血合いを取り除きます。
5:取り除いたイクラをキッチンペーパー等でよく水分を切ります。
6:醤油・鮭等の調味料を合わせ、タレを作ります。
7:イクラをタレに漬け、次の日から食べられます。
  ※だいたい冷蔵庫で1週間程度保存が可能です。
   その後余ったイクラは冷凍保存できます。(約3か月程度)

是非、新鮮な鮭が手に入った場合は、やってみてください。

 

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。