(株)アイムービック 求人・採用情報|愛媛県松山市 Web制作 |システム開発・スマホアプリ開発・ホームページ制作・Webデザイン

デザインチーム

自ら「答え」をつくるやりがいのある仕事です

こんな仕事をしています

デザイン班では、ウェブサイトやアプリの目的・問題点や要素を整理し、クライアントの課題解決へ導くためのデザイン設計とデザインをしています。

お客様(クライアント)のお客様が見たときに喜んでもらえるような表現はできているか、という見た目としてのデザインはもちろんですが、広義のデザインとして、「きちんと目的に沿った設計になっているのか、お客様のビジネスゴールをアシストする形になっているのか。」といった企画にもきちんと沿ったデザインができるように心がけています。

現在のメンバー体制としては、デザイナー5名で仕事を行っています。

基本的には、一貫性を保つために中心となるメンバー1名を軸に作業を進めることが多いのですが、連携を取れる体制をつくることで、大量の画面展開が必要な場合のタスクの分散や、後のコーディングやシステムと連携しやすくなるデザインデータの作り方といった、知識や技術の共有も取ることができています。

また、情報共有を密にすることで、トラブルやその前段階での対処が取れるようになり、より強いチームになっていくと考えています。

これからの成長のために

案件の難易度が益々増すにつれて、ただ「見た目の良いデザインを作れる」という事だけでなく、案件全体を俯瞰し、何が最適か、どうすればいいか?というディレクション能力も含めた幅広いスキルセットが個々に求められてきています。

さらにビジネスとしてきちんと成立させるために、見積・作業工数といった所も視野に入れながら業務に取り組めるようになる必要もあります。

そのために、メンバー1人ひとりが、直接的に業務に関わる情報収集をするだけでなく、外部含めてさまざまな人と仕事で関わる機会を作っていくことが必要だと考えています。また、インプットの量と質を増やすことやコミュニケーションの範囲を広げることに力を入れています。

探究心が旺盛な方を待っています

これから一緒に仕事をする人へ

「なぜ?」と考えること。あと謙虚さを持つことが大切だと考えています。 デザインを広義に捉え、解決策を考えるだけでなく、もっと良くするにはどうすればいいだろう?自分に足りない事は?できる事は?と自問自答し、情報収集とチャレンジをひたすら繰り返していくことで、少しずつ面白く仕事ができるようになっていくと思います。 姿勢としては、それを楽しむこと。失敗することもあると思いますが、めげず・諦めずに取り組んで欲しいと考えています。

また、デザインは「つくること」に目が行きがちですが、作る時間=作業なので、それをいかに短くして「考える時間」を少しでも確保する事が重要です。 そのために、例えばショートカットキーをマスターして作業ひとつひとつの時間を秒単位で短くしたり、大量の処理が必要な時は自動処理などを活用してコピペの時間を1/3にするなど、ちょっとずつの時短術を積み重ねて、よりいいもの作るための「考える時間」が確保することを心がけましょう。

技術としては、主なデザインツールとなっているPhotoshopの使い方の習得は必須ですが、デザイナーはクライアントへのヒアリング能力、背景・意図の説明・提案をするということもするため、円滑に意思疎通をとるためのコミュニケーション能力(聴く・話す・書く)が非常に重要となります。本を読む習慣があるといいですね。

デザイナーは比較的案件の頭から入る事が多いので、仕事をより面白くするチャンスを秘めています。 1つ1つの仕事にきちんと目的・意味を見出して、仕事をより楽しみましょう!

チーム紹介に戻る
ページトップへ