eyemovic inc.

Works blog仕事の取り組み・ビジョン

2014.01.29

GoogleAnaryticsのアクセスキーワードで出てくる(not provided)の中身を調べる

わりかし初級のお話なのですが、メモ的に。

notprovided弊社でも標準的に使っているアクセス解析GoogleAnalyticsですが、レポートを作成時に「どんなキーワードから来てるんだろう」と、検索エンジンからの流入でキーワードを調べると、ほぼ必ずと言っていいくらい上位に出てくる(not provided)。
そもそもこれ何なん?って言う所ですが、Googleのプライバシーポリシーが変わった影響か、キーワードを隠すようになったそうで。

 

で、この問題はGoogleウェブマスターツールを使うと少し解決できます。(完全ではないので注意。)

ウェブマスターツールの設定(オーナー認証やアカウント設定とAnalyticsとの紐付けとか)は割愛しますが、ウェブマスターツールで該当サイトを開き、検索トラフィック > 検索クエリ を見てやれば、Googleで検索されたキーワードを見る事ができます。keywords

ウェブマスターツールでさらに面白いのは、単に流入キーワードを調べるだけではなく、キーワードでの表示回数、クリック数、表示順位までわかるところで、単にクリック数(流入数)だけ見るのではなく、掲載順位やCTR(クリック率)も見ながら改善につなげる事ができます。
レポートはもちろんCSVでダウンロード可能です。

けどこれ、ウェブマスターツールじゃなくて、そもそもAnalyticsに入ってたら問題ないのにねぇ・・・。

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。