eyemovic inc.

Works blog仕事の取り組み・ビジョン

2015.03.19

Apache Benchで簡単負荷テスト

「2015年版 制作現場が使うセキュリティ、ラッシュテストツール」で紹介したツールのうち、

単一ページの性能テストとして利用頻度が最も高いのが”Apache Bench“です。

ApacheBenchは、Apacheに標準で付属しているツールです。

単一ページのチェックしかできませんが、同時接続数とリクエスト数とURLを指定するだけで、簡単に性能測定ができます。

例えば

これで、100ユーザが同時にhttp://www.example.com/ に1リクエストを発行した場合の性能テストができます。

-nに発行するリクエスト数、-cに同時接続数を指定します。

他にもオプションがありますが、大抵この2つのオプション指定でテストを行うことがほとんどです。

実行結果はこんな感じ。

そして、チェックするのはのあたり。

-n、-cオプションの値を徐々にあげていき、そのWEBサーバの負荷の限界になると、

Failed requestsが0でなくなり増えていきます。

Requests per second、Time per requestの値が大きいほど、性能が良いということです。

急なアクセス過多でパフォーマンスが悪くなったり、負荷がかかりすぎてシステムダウンなんてことにならないように、事前に負荷テストをおすすめします。

※Apache Benchは、DOS攻撃にも使えるツールです。テスト以外のサイトへの使用はご注意ください。

 

 

愛媛県松山市でWeb開発一筋15年、700サイト以上の構築実績!

Webサイト制作・システム開発・スマホアプリ開発・組込ソフトウェア開発ならアイムービックにお任せ下さい。